視野が狭くなる目の病気(老化、ストレス、頭痛)

視野が狭くなる症状について

視野の一部が見えなくなっている状態です。片目で見た時に気付くことが多く、いつから視野が狭くなったのかはわからないことがよくあります。特に周辺の視野が狭くなったことには気付きにくい傾向があります。網膜色素変性では、暗い場所で見えにくいという初期症状を起こすことがあります。また、脳や神経の病気によって生じることもありますが、その場合には頭痛を伴って視野が欠けることもあります。
視野が狭くなる症状を起こす疾患には失明に至るものも多く、老化やストレスなどによる一時的な症状と自己判断して放置してしまうのは危険です。視野が狭くなる症状に気付いたら、できるだけ早く眼科を受診してください。

視野が狭くなる原因

緑内障

眼球の内部を満たす房水の圧力が上昇することで視神経が圧迫されて障害を起こし、視野が欠けていく進行性の病気です。失われた視野を元に戻すことはできないため、早期発見と適切な治療を続けることが重要になってきます。正常眼圧で発症・進行する正常眼圧緑内障が日本では多いのですが、その場合も眼圧を下げる治療が有効です。日本では、40歳以上の20人に1人が緑内障とされていて、長らく中途失明原因の第一位を緑内障が占めています。視野の欠損や狭窄は片目で見た際に気付くことが多いのですが、早期発見には眼科の定期的な受診が有効です。進行度や状態などに合わせて眼圧を下げる点眼薬を使った治療、レーザー治療、手術などを行います。
なお、急激な眼圧上昇を起こす急性緑内障発作では、激しい目の痛み、頭痛、吐き気、めまいなどを起こすことがあります。くも膜下出血などと共通した症状であることから、脳神経外科などに搬送されることが多いのですが、急性緑内障発作だった場合には翌日に失明する可能性もありますので、必ず眼圧を測ってもらってください。

網膜剥離

網膜は目に入ってきた光を受け取って電気信号に変え、その情報は視神経を通じて脳に届きます。網膜剥離は、網膜の一部がはがれてしまっている状態です。網膜に孔ができて水分が入り込み、それによって生じる裂孔原性網膜剥離と、それ以外の原因で起こる非裂孔原性網膜剥離に分けられます。非裂孔原性網膜剥離には、重度の糖尿病などによって起こる牽引性網膜剥離と、ぶどう膜炎などによって生じる滲出性網膜剥離に分けられます。
裂孔原性網膜剥離は網膜剥離を起こす前に飛蚊症や実際にはない光が見えるなどの症状を起こすことがあり、その段階で眼科を受診することで治癒できる可能性が高くなります。すでに剥離している場合には早急な手術による剥離した網膜の復位が必要になります。ただし、剥離が黄斑まで及んでいる場合には、視力の回復は難しくなります。お早めにご相談ください。

網膜色素変性

光を受け取って電気信号に変える網膜の桿体細胞と錐体細胞という視細胞が失われていく疾患です。遺伝子の変化によって生じますが、遺伝によるものと判断できるケースは半数程度です。初期に暗い場所で見えにくくなる夜盲を起こすことが多く、進行すると視野狭窄を起こし、さらに進行すると大幅な視力低下を起こします。進行は遅いことが多いのですが、現れる症状や進行スピードは個人差が大きいため定期的な眼科受診が重要になってきます。症状に合わせた治療を行い、進行状態に合わせて適切な補助具を使うなどによって残された視力を有効に使うことが重要です。

脳の病気による視野狭窄

目から入ってきた光は網膜を刺激して視神経に伝達され、大脳に入って後頭葉で処理されます。そのため脳の病気が原因で視野狭窄が生じることがあります。視野が狭くなる理由が、眼の病気が原因なのか脳疾患(脳出血、脳梗塞、脳腫瘍など)なのか適切な検査をして診断する必要があります。視野狭窄の症状がある場合は、まずは眼科疾患の有無を検査し、医師の判断で脳神経内科・外科の検査を受ける必要性を検討します。

  • 03-6261-015103-6261-0151
  • Web予約Web予約
TOPへ