目がかゆい(目のふちのかゆみ、腫れる、充血)

 

目がかゆい(目のふちのかゆみ、腫れる、充血)症状

目のかゆみは、周囲の皮膚、まぶたの裏側や白目を覆っている結膜、まぶたの縁にあるマイボーム腺(瞼板腺)などの炎症によって起こっていることがあります。アレルギー反応、細菌やウイルスの感染、マイボーム腺の機能不全などによってかゆみが生じている場合、悪化すると角膜の潰瘍などを起こして視力に深刻な後遺症を起こす可能性があります。目のかゆみが続く場合には早めに当院までご相談ください。

目がかゆい原因

アレルギーによって起こる疾患

アレルギーによってかゆみを起こす疾患には、アレルギー性結膜炎、接触性皮膚炎、アトピー性皮膚炎などがあります。アレルギー性結膜炎は、本来であれば攻撃する必要がない花粉やハウスダストなどのアレルゲンが体内に入る防御反応によってかゆみを生じている状態で、巨大乳頭結膜炎や春季カタルも含まれます。接触性皮膚炎はアレルギー反応が出るまでに時間がかかる遅延型アレルギーによって起こり、原因となるアレルゲンは多岐に渡ります。なお、アトピー性皮膚炎は成人が発症すると角結膜炎を合併する可能性がありますので注意が必要です。
アレルギーによってかゆみが起こる場合、アレルゲンを調べることが重要です。当院では血液検査でアレルゲンを調べて、原因に合わせた治療や対処法をお伝えしていますので、かゆみがある場合にはお気軽にご相談ください。

アレルギー性結膜炎

ダニやホコリなどのハウスダスト、花粉によるものがほとんどを占めますが、ペットの毛や唾液、フケ、虫などによって生じることも珍しくありません。

花粉症

日本人の4人に1人が花粉症と言われるほど患者数が多い疾患で、スギ花粉以外にも多くの花粉がアレルゲンになり得ます。夏や秋にはイネ科やキク科の植物の花粉で症状を起こすことがあり、毎年、決まった時期に目がかゆくなる場合には花粉症によるアレルギー性結膜炎が疑われます。また、春にも、スギ以外にヒノキやシラカンバ、ハンノキ、オリーブ、クリ、リンゴなどによって花粉症になることもあります。複数の植物がアレルゲンになっていることもありますので、季節や植物に惑わされず、ご自身のアレルゲンとなる植物を知り、適切な治療をすることが大切です。

治療

アレルゲンを血液検査で調べることで、原因物質を避けることができます。しかし、ハウスダストや花粉は完全にシャットアウトできないので、対策をしっかり行った上で対症療法を行います。具体的には、スギ花粉症に関しては、スギ花粉を少しずつ体内に取り入れることで、徐々に体に慣れさせて症状緩和につなげる舌下免疫療法という治療法を取ることがあります。それぞれのアレルゲンに適した治療法がありますので、お気軽にご相談ください。

巨大乳頭結膜炎

1dayタイプ以外のコンタクトレンズを使っている方の発症が多い疾患です。まぶたの裏側に白くて小さい乳頭と呼ばれるブツブツができるタイプのアレルギー性結膜炎です。コンタクトレンズの洗い残しのタンパク汚れによる炎症やレンズによる機械的刺激によって隆起性病変の乳頭が生じます。春季カタルでも乳頭を生じますが、巨大乳頭結膜炎では比較的隆起が低く、円形で境界のはっきりした乳頭を生じます。

巨大乳頭結膜炎の治療

コンタクトレンズを使用している場合には、完全に治るまで眼鏡を使用し、コンタクトレンズを使わないようにする必要があります。治療では主に抗アレルギー点眼薬を使い、症状によってはステロイドや免疫抑制剤の点眼薬を用いることもあります。

春季カタル

一般的なアレルギー性結膜炎と同様に花粉やハウスダストなどによって発症しますが、上まぶたの裏に隆起性病変の乳頭が増殖・増大するタイプです。アレルギー性結膜炎の重症型と捉えられていて、強いかゆみなどを伴うことが多くなっています。春季カタルという名前が付いていますが、アレルゲンによっては春以外の発症もあります。小学生男子の発症が多い傾向にあります。

春季カタルの治療

抗アレルギー点眼薬による治療を行いますが、症状の激しいケースでは炎症を短期間に抑えるためにステロイドや免疫抑制剤の点眼、ステロイドの内服や瞼板下注射、乳頭の切除などを行うこともあります。

眼瞼炎

まぶたの炎症の総称です。皮膚の炎症を起こす眼瞼皮膚炎には、細菌やウイルスによる感染性眼瞼皮膚炎とアレルギーによる非感染性眼瞼皮膚炎があり、非感染性眼瞼皮膚炎の主な疾患には接触性皮膚炎やアトピー性皮膚炎があります。眼瞼皮膚炎の治療には皮膚科の受診が必要になることもあります。
まぶたの縁に炎症を起こしている場合は前部眼瞼炎と呼ばれ、原因はブドウ球菌の感染によるものが多くなっています。脂肪を分泌するマイボーム腺の炎症や機能不全は後部眼瞼炎と呼ばれ、一般的にはものもらいと呼ばれる霰粒腫や麦粒腫、マイボーム腺炎や機能不全などに分けられます。

非感染性眼瞼皮膚炎

接触性皮膚炎は一般的にはかぶれと呼ばれ、アレルギー反応が出るまでに時間がかかる遅延型のアレルギー疾患です。化粧品やシャンプー、消毒薬、植物、ゴム手袋、金属など、原因物質は多岐に渡ります。
また、アトピー性皮膚炎を成人が発症した場合、角結膜炎を合併することがあり、角膜が円錐状に出てくる円錐角膜やアトピー性白内障などを起こす可能性があり、注意が必要です。

前部眼瞼炎

ブドウ球菌という細菌による感染によるものが多くを占めます。症状としては、黄色い滲出物が付いたり、皮膚にびらんが見られたり、まつ毛が抜けます。治療としては、抗生物質の点眼薬や軟膏を使った治療を行います。

後部眼瞼炎

マイボーム腺が詰まって肉芽腫性炎症を起こしている霰粒腫と、マイボーム腺やまつ毛の毛包にブドウ球菌が感染して発症する麦粒腫があり、どちらも「ものもらい」と呼ばれることがあります。感染が疑われる場合には抗菌薬の点眼、内服による治療を行います。マイボーム腺の詰まりは清潔を保つ、まぶたのマッサージ、温める温罨法などのケアで解消できる場合もあります。ただし、角膜を傷付けることがないよう注意して行う必要がありますので、医師の指導を受けてからセルフケアを行いようにしてください。なお、麦粒腫で化膿している場合には切開による排膿が、霰粒腫でしこりが角膜を傷付ける恐れがある場合には切開による摘出が必要になることがあります。

感染性眼瞼皮膚炎

細菌やウイルスに感染して炎症を起こした状態です。単純ヘルペスウイルスやブドウ球菌によって生じることが多く、原因に合わせた治療が必要です。

  • 03-6261-015103-6261-0151
  • Web予約Web予約
TOPへ