目ヤニの原因(ネバネバ、白い、目が開かない)

目ヤニの症状について

目ヤニは目の老廃物で、皮膚の垢のような存在です。医学的には眼脂と呼ばれ、健康でも代謝活動によって目ヤニは生じ、起床時に目頭や目尻に少量の目ヤニがあるのは正常な状態です。細菌やウイルス、アレルゲンなどが目に入ると免疫反応の結果として目ヤニが出ます。通常に比べて目ヤニの量が多い、色・粘度などが異なる場合は、疾患が疑われます。目ヤニの変化は様々な疾患の初期症状として現れやすいため、変化に気付いた時点でご相談ください。
なお、目ヤニが現れる疾患で最も多いのは結膜炎で、細菌性結膜炎・ウイルス性の流行性角結膜炎・アレルギー性結膜炎が多くなっています。

目ヤニの原因

流行性角結膜炎(はやり目)

ウイルス性結膜炎の中で最も多い疾患で、アデノウイルスに感染して発症します。感染力が強く、目ヤニや涙を介して感染するため、適切な治療に加えてタオルの共用などを避けるといった感染対策も重要です。子どもの場合、医師が完治したと判断するまでは登園・登校できません。成人の場合も、衛生環境を必要とされる職場で仕事をすることはできません。
潜伏期間は1~2週間程度で、充血や目ヤニの初期症状を起こし、涙が増えてまぶたの腫れや耳前リンパ節の腫れなども生じます。炎症が角膜に及ぶと視界がかすむという症状を起こすこともあります。

流行性角結膜炎の治療

アデノウイルスに有効な薬剤がないため、抗炎症の点眼で症状を緩和させる治療が中心になります。また細菌感染を合併する可能性がある場合には抗菌薬の点眼を行います。視力障害を残さないためにも、医師の指示に従い、しっかり治療を続けることが重要です。

アレルギー性結膜炎

花粉やハウスダストなどのアレルゲンによって起こる結膜の炎症です。目のかゆみ、充血、粘り気の高い目ヤニなどの症状が現れます。アレルゲンを特定して、できるだけアレルゲンに触れる機会をなくすことで症状の緩和が可能になります。花粉症と思っていても調べてみるとハウスダストのアレルギーだったとわかるケースもあります。スギやヒノキ、ダニなど代表的なアレルゲンは簡単な血液検査で調べることができますので、症状がある場合にはアレルゲンを確かめることが重要です。

アレルギー性結膜炎の治療

アレルゲンとの接触をできるだけ避けることが効果的ですが、接触を完全になくすことはできないため、抗アレルギー点眼薬による治療を行います。炎症が強く、日常に大きな支障が生じる場合にはステロイドや免疫抑制剤の点眼による治療が必要になります。
最近ではスギ花粉症に対する舌下免疫療法といい、少しずつスギ花粉を取り入れることで徐々に体を慣れさせ、症状の緩和を期待する治療法もあります。患者様の状態に合わせた治療法を提案していきますので、お気軽にご相談ください。

細菌性結膜炎

黄色ブドウ球菌や肺炎球菌、インフルエンザ菌などに感染して生じる炎症です。インフルエンザ菌はインフルエンザウイルスとは異なります。肺炎球菌とインフルエンザ菌による結膜炎は乳幼児に多く、風邪に併発するケースもよく見られます。黄色ブドウ球菌は成人の発症が多くなっており、高齢者やステロイドを使っている方の場合、耐性菌のメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)が原因で生じている場合もあり注意が必要です。
ウイルス性に比べると感染力は弱いのですが、慢性化することがありますので、適切な治療を行うことが重要です。

細菌性結膜炎の治療

抗生物質の効果が高く、抗菌薬の点眼で通常は1週間程度でよくなります。点眼する際には、薬液の滴が容器から完全に離れた状態でさすようにしてください。目薬の薬液が容器とまだつながっている状態でまぶたにつくと、薬液の中に細菌が入り込んで容器に残り、容器の中で繁殖してしまう可能性があります。目薬の容器と目との距離を十分にとって点眼してください。

  • 03-6261-015103-6261-0151
  • Web予約Web予約
TOPへ